クレジットカードの種類は幾枚もありますが、本当は普段使いのクレジットカードは、少なければ少ないほど良いそうですね。公共料金の支払いでも病院の会計でも、買い物でもネットショッピングでも同じカードを常に使用することになりますから、ポイントも溜まりやすく非常に効率的なのだそうです。しかもほとんどのクレジットカードがネット申し込みでのクレジットカードが最速で発行可能です。
確かにカードが少なければ利用したカードが一目瞭然で、月々の振込みもしっかり管理できますから払いが滞ることもありませんし、持ち歩くにも不便ということも無いですね。そして常にカードに目が届くことになるので、紛失したり盗難にあったりというトラブルがあっても即座に対応することが可能です。何から何まで良い事尽くめというわけです。
ただクレジットカードの枚数が少ないということは、それだけカバーできるポイントや店舗も少ないということになります。特典を受けるためにも、クレジットカードは対応のお店で発行しているものを使用するのが一番ですし、普段利用しているお店の数次第では、使うカードを用意するだけでも膨大な数になってしまうかもしれません。
両立できるものは両立して、なるべくコンパクトにクレジットカードを利用するにはどうするべきか、ネット申し込みで手軽にカード発行は出来ますが、よく考えてカードを発行していく必要があると思いました。