クレジットカードで買えるものなら

欲しいモノがあって、手持ちのお金がない、そんな時はあなたならどうしますか?
クレジットカードで買えるものならクレジットカードで買えばいいでしょう。でもクレジットカードが使えないところだったらどうでしょうか?
そんな時にはクレジットカードのキャッシングを利用するといいでしょう。クレジットカードのキャッシングとはクレジットカードを使ってお金を借りる方法です。キャッシング機能付きのクレジットカードを持っており、キャッシング枠が設定してあれば、コンビニなどのATMをりようしてお金を借りることができるのです。返済方法も一括返済もできますし、分割がよければリボ払いを選ぶこともできます。給料やボーナスで返済できそうなのであれば一括返済を選べばいいし、当面まとまったお金がはいってこないのであれば、リボ払いにすればいいのです。最初はリボ払いにしておいて、まとまったお金が出来た時に一括返済をするというような方法も可能です。
クレジットカードのキャッシングは簡単にお金を借りられる代わりに、簡単に利用しすぎてしまうという点だけは注意が必要です。あくまでもクレジットカードのキャッシングは借金だということを理解しておくことが大切です。

多目的ローンが低金利で

カードローンでお金を借りるようになってから随分経ちます。いつもいつも借りている訳ではないのですが、それでも何ヶ月かに1回位のペースでは借りています。低金利ではあるものの金利分損したくないので、一応は借りたら完済するまでは追加の借り入れはしないようにはしているのですが、それでもやはり急にお金が必要になった時などには追加の借り入れをしています。カードローンはいわゆる多目的ローン低金利ですから、借りたお金の使い道は様々です。一番多いのは交際費かなぁ。冠婚葬祭が多いです。うちは田舎なので結構冠婚葬祭が派手なんです。結婚式のお祝いは10万単位ですから。そんなにいらないだろうと思うのですが、もらったものは返さないとダメだっていうのが田舎のしきたりなんですよね。田舎なのでコンビニとかもあまりないので、カードローンといえども、いつも自分の銀行口座にお金を振り込んでもらいます。返済はネットで返済をするので、多目的ローンとしてのカードローン用のカードはあまり使いません。田舎なので私が借金をしていることがバレたら、それこそ住んでいられませんから、借金をしていることは絶対に内緒にしなければならないのです。厄介ですよ。ボーナスが入る毎には一括で返済をするようにしていますが、出来れば冠婚葬祭がなくなってくれたらいいなと思います。

キャッシングをする時は

キャッシングをする時はいつもコンビニのATMを利用します。他にも利用できるATMはあるのかもしれませんが、コンビニのATMが一番便利なのでいつもそこでお金を借ります。しかし操作が銀行のキャッシュカードでお金を下ろすのと似ているので、お金を借りているという感覚があまりありません。クレジットカードの利用明細書が届いた時に、ああそういえばキャッシングしたんだったなと思うくらいです。キャッシングの返済はいつもリボ払いにして分割で返済しています。ボーナスなどの一時金が入った時には一括返済をすることもありますが、一括返済をするとその後がまた苦しくなって、結局はキャッシングをしてしまうことが多いですね。でも今まで返済が滞ったことはありません。いつも水商売キャッシングここですがなんとか返済は出来ているのですが、どうもキャッシングが生活のサイクルの中に組み込まれてしまったようです。なんとか借金のない生活に戻したいなと思うけれども、今しか出来ないことなどもありお金が必要な場面も多々あります。もう少し落ち着いて生活を見直さなければならないなとは思っているのですが、つい簡単にお金を借りることができるクレジットカードのキャッシングに頼ってしまっているというのが本音です。

キャッシングの返済が終わるまでは

私は釣りをすることが好きで、長年海に通っていますが、周りで釣りをしてる人たちに比べて、それなりに釣れるようになってきました。何度も海を見て潮の流れと、魚がどこに移動しているか?あたりをずっと考えることで、釣果がアップしたのです。

魚をゲットする率が高まるにつれて、自分で使っている道具に不満が出てくるのです。プロが大会で使用するような、プロフェッショナルタイプの竿やリールを使う事で、ギリギリ逃がしてしまった魚もゲットできたかも知れない..と思ったりします。

寒い時期には、フィッシンググッズのメーカーの新製品ラッシュがあるのです。大きな会場でイベントをするので、ちょっと遠かったですが私は足を運びました。

すると..去年に大会で優勝したプロアングラーの同じタイプが、イベント会場で購入すれば3割引である事が分かったのです。思わず..銀行に行っても預金が無い事が分かっていたので、キャッシングで最新型のタックルの費用を準備したのです。

このまま買わずに帰ったら、ずっと後悔すると思ったし、一流の道具を使っていれば、更に上には無いので道具のことは考えずに、釣りに集中することができます。

キャッシングの返済が終わるまでは、趣味の予算をカットして大人しくする予定です。

借入の金利

借入の金利には様々な種類がありますがそれぞれデメリットもあります。
固定金利の場合では借入れ後、金利が低下した場合は結果的に金利負担が大きくなる可能性もあります。金利の低下幅がある程度大きくなった場合には、その時点で再度、固定金利のローンに借り換えることにより、金利負担の軽減を図ることが可能です。
また変動金利である場合は適用金利が変動するので、金利が上昇すればその分金利負担が大きくなり返済額もアップします。借入当初の返済額のみならず、金利が上昇した場合でも返済可能かどうかを十分に検討する必要があります。
なお、住宅ローンの場合には一般的に適用金利は半年に1回見直されますが、返済額は5年間固定されるケースがよくあります。適用金利の変動により返済額が見直された際でも、増幅額は25%以内など決められていますので、返済額については比較的家計の見通しも立てやすいのですが、金利が大幅に上昇している場合には、返済額の殆どが金利にまわってしまい元本がなかなか減らない、という状況も起こり得ます。
お金を借りるうえで金利は避けては通れないので、それぞれの金利をしっかりと検討をしてから金利の算出方法を決めていく必要性があります。

クレジットカードの種類

クレジットカードの種類は幾枚もありますが、本当は普段使いのクレジットカードは、少なければ少ないほど良いそうですね。公共料金の支払いでも病院の会計でも、買い物でもネットショッピングでも同じカードを常に使用することになりますから、ポイントも溜まりやすく非常に効率的なのだそうです。しかもほとんどのクレジットカードがネット申し込みクレジットカード発行が可能です。
確かにカードが少なければ利用したカードが一目瞭然で、月々の振込みもしっかり管理できますから払いが滞ることもありませんし、持ち歩くにも不便ということも無いですね。そして常にカードに目が届くことになるので、紛失したり盗難にあったりというトラブルがあっても即座に対応することが可能です。何から何まで良い事尽くめというわけです。
ただクレジットカードの枚数が少ないということは、それだけカバーできるポイントや店舗も少ないということになります。特典を受けるためにも、クレジットカードは対応のお店で発行しているものを使用するのが一番ですし、普段利用しているお店の数次第では、使うカードを用意するだけでも膨大な数になってしまうかもしれません。
両立できるものは両立して、なるべくコンパクトにクレジットカードを利用するにはどうするべきか、ネット申し込みで手軽にカード発行は出来ますが、よく考えてカードを発行していく必要があると思いました。

クレジットカードのデメリット

クレジットカードにもやはり、デメリットはあります。

それはクレジットとカードならではのもので、スキミング被害です。スキミングとは、『スキマー』という読取装置で、クレジットカードの磁気情報をすくいとるスキミング方法です。
そして、そのすくいとったカード情報を利用して、偽造のクレジットカードを造り、高額な商品を購入します。その後、その商品を売却し現金にかえるという、クレジットカード犯罪の手口です。
最近では、ワイヤレス無線のスキマーも出回っているらしく、これを利用すると、離れた場所からでもクレジットカードの情報が盗み取れるそうです。スキマー装置は日々進化していると言われています。
当たり前ですが、スキミングを行う人は『悪意』を持った人です。つまり、そういう人がいる可能性が高い場所で、クレジットカードを利用すれば、当然、スキミングに遭う可能性が高くなります。
怪しげな雰囲気を感じるお店では、クレジットカードの管理に十分に注意するようにしましょう。
ただ、最近はガソリンスタンドの店員がお客さんのカード情報をスキミングした事件や、自宅への不法侵入でクレジットカードをスキミングするといった事件も出てきていますので、『安全な場所はあるのか』と聞かれると、回答に困ってしまう部分もあります。
スキミングを始めとするクレジットカード犯罪に巻き込まれないようにするには、クレジットカードをきちんと自分で管理する以外に方法はありません。

クレジットカード決済のほうが

私は毎月クレジットカードに本当にお世話になっています。
なんとなくカードを使うのはコワいと思っている方もいますが、
正しい使い方をすれば、本当に便利なのです。

まず、ネットショッピングを利用する際は、
絶対にクレジットカード払いが便利です。

クレジットカードだと、その場ですぐに決済ができるのです。
現金払いだと、コンビニや銀行に振込みにいかなければならなかったり、
振り込み手数料や代引き手数料がかかってしまいます。

しかし、クレジットカードだと基本的に手数料がかからずに
決済することができるのです。
それだけでなく、クレジットカードのポイントも貯めることができます。

実は、クレジットカード決済が可能なお店というのは、
顧客がカード決済のときに支払うべき何%かの手数料を負担しているのです。
そのため、商品の価格には、クレジットカードの手数料分も上乗せしてあるのです。

現金で支払ってもカードで支払っても、商品の価格は変わりません。
ですが、現金払いだとカード利用者の手数料の分を余計に支払っていることになるのです。
そのため、クレジットカード決済のほうが付与されるポイントも含めお得だといえるのです。

クレジットカードは正しく利用すればとてもお得な支払い方法なのです。

Loading...
X